NPO法人 童謡文化を広める会

ようこそ童謡文化園へ - NPO法人童謡文化を広める会
diary

2007年9月29日(土) 創作歌劇「童謡」

心の文化財として ずっと

創作歌劇『童謡』は、皆様方のご協力によって大盛況に終わり、「元気をもらった」「共感でき勇気がでた」「船橋に大輪の花を咲かせてくださった」「ぜひ再演を希望します」等との声が寄せられました。

この『童謡』を「心の文化財」として共に育てていってほしいと願います。

創作歌劇『童謡』

創作歌劇『童謡』

2007年9月29日の本公演は好評のうちに無事終了いたしました。
皆様のご支援とご来訪、誠にありがとうございました。

船橋市市政70周年記念 日本芸術文化振興会助成事業
川端康成 原作 創作歌劇「童謡」

創作歌劇 童謡
(2006年12月12日(火) 川端康成オペラ「童謡」コンサートの様子)

創作歌劇「童謡」チラシ表 創作歌劇「童謡」チラシ裏
創作歌劇「童謡」チラシ画像(クリックすると拡大されます)

「NPO法人 童謡文化を広める会」はかねてより《川端康成》原作によります掌編小説「童謡」のオペラ化の企画と制作を推進してきました。

この作品は激動の昭和のはじめ、ノーベル賞作家=川端康成が船橋の料亭-三田浜楽園を訪れ、逗留していた折に書かれた小説「童謡」を、当会が市内金杉に住まわれる詩人で脚本家の木下宣子氏と、映画・テレビと幅広く活動されている作曲家の加藤由美子氏に依頼し、書き下ろされたものです。

主人公は、東京から船橋にやってきたお客の画家-滝野。料亭で習志野の騎兵学校の学生たちと童謡を歌い、無邪気に生きる半玉たちの姿に彼は心をひかれます。この小説には、彼女たちがたどって行く大人の世界への宿命が、哀れみと悲しみの心をもって描かれています。

昨年は演奏会形式の舞台でしたが、9月29日(土)は船橋市民文化ホールにおいて本公演を行います。6月23日(土)よりチケットの販売を行いますので、ぜひお求めのうえ、ご来場ください。

〈日時〉 平成19年9月29日(土) PM3:30~PM5:00(含 休憩)
〈会場〉 船橋市民文化ホール
〈チケット〉6月23日(土)より販売開始
(※チケットは下記連絡先にてお申込みください)
S席 ¥5,000円/A席 ¥4,500円/B席 ¥3,500円
〈お問い合わせ〉 下記連絡先までお願いいたします。

〈主催〉 NPO法人 童謡文化を広める会
〈共催〉 船橋市教育委員会
〈後援〉 船橋市/(財)千葉県文化振興財団/社会福祉法人 船橋市社会福祉協議会/千葉県/鎌ケ谷市(申請中)/鎌ケ谷市教育委員会(申請中)
 

NPO法人童謡文化を広める会連絡先

1000余人の情熱が本公演を支援してくれています

◆ 川端康成が滞在した三田浜楽園の当時を偲ばせる一室「月の家」が公民館に再現され、4月にオープンし公開されるということに喜びを感じるとともに、本公演を鑑賞に訪れた方々に「月の家」の存在を知らせることが出来るのことは、実に有意義なことです。

◆ 三田浜楽園・旅館玉川・川端康成が特に好んだ和菓子店の「梅月」そして「習志野騎兵学校」等の船橋市ゆかりの地名が登場しており、市民に馴染みやすい歌劇となっています。

◆ 公演のソリストとスタッフの一部と合唱のメンバーのほとんどは船橋市在住の市民であり、「市民オペラ」ともいえます。

◆船橋市金杉在住の詩人である木下宣子氏が、脚本とナレーションを担当しています。 

◆ 作曲とピアノ伴奏を担当する加藤由美子氏は、「NHKラジオ体操」の伴奏者でもあります。6月24日(日)には船橋市の市制70周年記念行事の一つとして船橋運動公園でのラジオ体操で生演奏されることになっています。

◆ 本公演を前に昨年12月12日にコンサート形式で公演をおこない、好評を博しています

» 2006年12月12日(火) 川端康成オペラ「童謡」コンサート

あらすじ

初老の日本画家・滝野は30数年ぶりに船橋の街を訪ねる。どこからか聞こえてくる童謡の歌声。
かつて滞在した割烹旅館で、半玉や騎兵学生たちが童謡を歌いながら廊下を行進していた光景を思い出し胸を熱くする。
士官候補生と半玉の人目を忍ぶ恋、台風の晩、床下を水が押し上げる恐怖、番頭や女中達の会話など、さまざまな回想場面からさめた時、滝野は導かれるように童謡が聞こえてくるホールに入って行く。
束の間に過ぎた人生、そこで出会った可憐な少女たちにしみじみと思いをはせる。

スタッフ

総監督・演出・指揮
瀬川千里(日本歌曲振興会会員・NPO法人 童謡文化を広める会 理事長)
脚本・ナレーション
木下宣子(日本詩人クラブ会員・船橋市在住)
作曲・ピアノ伴奏
加藤由美子(日本歌曲振興会会員・相模原在住)
演奏
パーカッション(田中正佳)・三味線(塩畑早智子)・ハーモニカ(薮谷幸男)
ソリスト
バリトン 佐藤光政(二期会・東京都)
ソプラノ 栗原末和(日本歌曲振興会会員・二期会・大津市)
ソプラノ 小沢祐美子(二期会・横浜市)
ソプラノ 山本富美(二期会・東京都)
テノール 今福 充(中学校教諭・船橋市)
テノール 安藤 純(中学校教諭・船橋市)
バリトン 藤崎啓之(二期会・川崎市)
ソプラノ 寺井ひとみ(二期会・鎌ケ谷市)
ソプラノ 佐世光代(二期会・鎌ケ谷市)
ソプラノ 大平光代(船橋市)
ソプラノ 河内夏美(二期会準・鎌ケ谷市)
メゾソプラノ 松本やすこ(二期会準・船橋市)
ソプラノ 阿部麻子(二期会・鎌ケ谷市)
その他
合唱
女声コーラス ヴォーチェ・ミーレ 12名
童謡文化を広める会合唱団 80名
合唱指導
梶浦晃代(近畿九州短期大学非常勤講師・川崎市)
音響・照明
株式会社インパルス
美術
保田梓少(東京都)・木下宣子(船橋市)・筋野園子(船橋市)

ホーム event fund about diary info link